一般歯科

HOME>一般歯科

なるべく抜かない、削らない治療

当院は保健医療機関なので、一般歯科は保険治療を前提に進めてまいります。
残せる歯は極力残します。歯周病のメンテナンスにより、かなりの延命が期待できますが、もしその歯が残っていることで悪影響がある場合には、抜歯をご提案します。歯の神経をとってしまうと、歯の寿命が大幅に短くなってしまうため、歯の神経を残すことを優先し、なるべく削らない治療を心がけています。

無痛治療への取り組み

歯科治療から痛みを完全に取り去ることは不可能です。
歯を削った後、根の治療した後、抜歯をした後など、治療後は多かれ少なかれ痛みを伴いますが、治療中はなるべく患者様の恐怖心を無くして、痛みの無い状態で治療を受けていただきたいと思います。

当院では患者様の見えるところに尖った器具をなるべく置かずに、麻酔するときも表面麻酔を使用します。注射の針は非常に細いものを使用して、電動麻酔器を用いることでなるべく患者様の痛みを和らげる努力をしています。

当院の麻酔の手順

<STEP1>

当院の麻酔の手順<STEP1>

まず表面麻酔を行ないます。
麻酔の注射針が刺さる痛みを和らげることができます。

↓

<STEP2>

当院の麻酔の手順<STEP2>

針は非常に細いものを使用します。
細ければ細いほど、痛みは感じにくくなります。

↓

<STEP3>

当院の麻酔の手順<STEP3>

電動麻酔器を使用することで、痛みを最小にできます。
電動麻酔器は一定のペースでゆっくり時間をかけて薬液を注入していきます。

外観です。2階が当院です。

アクセスはコチラ 無料相談はコチラ メールはコチラ