インプラント

HOME>インプラント>当院で使用するインプラント

当院で使用するインプラント

当院では2種類のインプラントを使用しています。インプラント治療は優れた治療法ですが、費用が高額なことが欠点です。
しかし当院では、2つのインプラントシステムを使い分けることで無駄な費用を抑えています。

ワンピースインプラント(AQBインプラント・日本製)

ワンピースインプラント(AQBインプラント・日本製)

1本10万円(被せ物は別途)
利点:費用が抑えられる
欠点:適応症がやや限られる

ツーピースインプラント(ストローマンインプラント・スイス製)

ツーピースインプラント(ストローマンインプラント・スイス製)

1本20万円(被せ物は別途)
利点:ほぼすべての症例で使用可能
欠点: ワンピースインプラントより高額

なぜワンピースインプラントは安く、ツーピースインプラントは高いのか?

ツーピースインプラントの方が部品が多く、術式や被せ物を作る技工作業がやや複雑だからです。

ワンピースインプラントとツーピースインプラントの使い分けについて

ツーピースインプラントではアバットメントの角度を調整することができます。
前歯を治療する場合や多数のインプラントを入れる場合は、ツーピースインプラントを使用することが多く、奥歯の治療で入れるインプラントの本数が少ない場合は、ワンピースインプラントを使用することが多いです。
歯が無くなると骨が痩せてしまうので、理想的な位置に理想的な角度で十分な長さのインプラントを入れることが難しいケースが多くあります。そのような場合にはツーピースインプラントを使用して角度の調整を行ないます。

例 上顎の前歯でツーピースインプラントが必要な場合

上の前歯が抜けて、外側の骨が痩せてしまった状態

上の前歯が抜けて、外側の骨が痩せてしまった状態です(断面図)。
このような状態のときに、ワンピースインプラントで治療した場合とツーピースインプラントで治療した場合を考えてみたいと思います。

ワンピースインプラント(AQB)

ワンピースインプラントを使用すると角度の調整ができないので、前歯が出っ歯の状態になって、上の歯と下の歯が咬み合いません。

ツーピースインプラント(ストローマン)

ツーピースインプラントを使用すると角度の調整が出来るので、前歯も自然な感じになって、上の歯と下の歯もちゃんと咬み合います。

外観です。2階が当院です。

アクセスはコチラ 無料相談はコチラ メールはコチラ