一般歯科

HOME>一般歯科>歯周病

歯周病

歯周病とは

歯周病は文字通り”歯の周りの病気”です。
歯周病が進行しても虫歯のように歯に穴があくわけではありません。

歯の周りには歯肉と骨がありますが、歯垢や歯石がついた歯を放っておくと、歯の周りの歯肉が炎症を起し、次第に歯を支えている骨まで減ってしまいます。

骨の支えを失った歯はやがてグラグラしはじめます。これが歯周病です。

歯周病の大きな特徴は、ほとんど痛みが無いことです。
そのため、放置しまいがちです。
患者様ご自身が歯周病を気にして歯科医院を来院するときには、すでにかなり歯周病が進行してしまっていることが多いです。

歯周病をほうっておくと

歯周病をほうっておくと

歯石がついた歯を放置しておくと歯周病になります。
歯周病になった歯を放置しておくと、徐々に歯を支える骨が失われて、いずれ抜歯することになってしまいます。

歯周病の治療とは

歯石を取れば炎症で腫れた歯肉は治りますが、歯周病により一度失われた骨を元に戻すことは極めて困難です。
その意味で歯周病は"予防"が大切であり、また"元の状態に戻す"というよりも"今ある骨をできるだけ長期間維持する"ことの方が現実的です。
治らないなら抜けるまで放置するという考え方は良くありません。
1本の歯が抜けてしまうような状態になると、その周囲の歯にも悪影響が出てしまいます。

診療室

左の写真は歯周ポケットの深さを表現しています。
このように深い場所に歯周病の細菌は溜まっています。
歯ブラシの届かない深さなので、専用の超音波機器などを用いた定期的な掃除が必要です。

外観です。2階が当院です。

アクセスはコチラ 無料相談はコチラ メールはコチラ