一般歯科

虫歯

痛くなければ大丈夫ですか?

虫歯は小さいうちは痛みが出ません。
虫歯は自然に治らないので、虫歯ができたら患部が小さいうちに取ってしまうのが一番です。
一番困るのは”神経を取った歯”です。
神経を取った歯はただでさえ神経のある歯より虫歯になりやすいのですが、本人が痛みを感じないために放置されやすく、虫歯が重症化して歯科医が見つけたときには既に抜歯が必要な状態であることが少なくありません。

進行 イメージ 詳細
C1 C1 表層(エナメル質)のみの虫歯です。 この段階で治療すれば、治療1回で、10分程度で終わります。
C2 C2 表層(エナメル質)は超えても、まだ神経まで達してない虫歯です。
冷たいものがしみてきたりします。
この段階で治療すると、治療は2~3回程度です。
C3 C3 神経まで達した虫歯です。
ここまでくると強い痛みが出ます。
一度神経を取ってしまうと、一生もたないことが多いので、患部が小さいときには神経を残す治療を選択することもあります。
神経を取った場合、治療回数は前歯と奥歯で違いますが、通常4~7回程度かかります。
C4 C4 根っこだけが残った状態です。
多くの場合、抜歯が必要になります。

歯の被せ物やプラスチックの詰め物は取れるまで大丈夫ですか?

歯の詰め物がとれて歯医者に行った経験は多くの方があると思います。
しかし、くっつけるだけで済むかと思っていたら神経を取ることになってしまったり、抜歯になってしまった経験がおありの方もおられることでしょう。 まず下表をご覧ください。

種類 耐用年数
プラスチックの詰め物の寿命 5.2年
金属の小さな詰め物の寿命 5.4年
金属の大きな冠の寿命 7.1年

(1995年 岡山大学予防歯科)

案外短くありませんか?

(注)このデータは外された金属をもとに算出したものなので、若干耐用年数が短めに出ています。
ここで言う耐用年数とは、”外れるまでの年数”ではなく”概ね安心して使える年数”とご理解ください。
歯に詰めた金属はある日突然不具合が生じて外れるというわけではありません。
長い年月が経つと、少しずつ歯と詰め物や被せ物の間に隙間ができ、やがて外れてしまいます。
歯と詰め物や被せ物の間に隙間ができると、そこから少しずつ虫歯菌や食べカスが入り込み、虫歯になっていきます。
詰め物や被せ物の種類や精度にもよるので一概に何年と言うのは難しいのですが、古くなったものは例えきれいに歯についているように見えても、交換していくのが賢明です。

診療室

古い詰め物を放置しておくと、知らないうちに大きな虫歯になっていることがあります。
特に神経を取ってある歯は注意が必要です。

■左写真:金属の詰め物と歯の隙間から虫歯になった歯の画像

外観です。2階が当院です。

アクセスはコチラ 無料相談はコチラ メールはコチラ